三重 ドライブ

【三重】大阪から車で、いなべ市農業公園の梅園と養老天命反転地へ日帰りドライブ

 

✽r∞trip|ルートリップ✽

展望台から見下ろす、紅白ピンクの梅林が、パッチワークのように美しい「いなべ市農業公園」の梅林公園。

3月のお出かけ先としてオススメのスポットです。残念ながら毎年開催されている「梅まつり」は中止になりましたが、梅林公園の見学は可能です。

破天荒なアートスポット「養老天命反転地」と合わせて、ちょっと遠出の日帰りドライブはいかがですか?

※いなべ市農業公園の梅まつり(2021年)は中止の為、イベント関係は行っていません。梅の見学のみ可能です。(2月21日現在3分咲き)

 

\このルートのドライブ費用は/

平日・通常 13,199

休日ETC割 10,519

(ガソリン代、高速道路代、駐車場代)

詳細はページの一番下へ↓

恋人・夫婦 
友達    
家族    

 

Googleマップでルートを確認

梅園のパッチワークと、破天荒なアートスポットへ。

出発時間の目安

大阪市内出発 8:00

それでは出発しましょう。

多賀SA 9:40-10:00

いなべ市農業公園 梅林公園

滞在時間 10:50-11:50

いなべ市農業公園の中にある、約38haの梅林公園エリアでは、実梅を中心とした広大な梅林と、花梅を中心とした庭園風梅苑などが広がります。毎年3月上旬から下旬に「梅まつり」が開催されており、多くの観光客が訪れます。

100種類、4,500本もの梅の木が植えられている梅林は、東海エリアでは最大級。

東側の展望台からは、鈴鹿山脈を借景に、赤・白・ピンクの梅がパッチワークのように眼下に広がる梅園を見渡す事ができるんです。

▼上から見下ろす梅園。一度は見てみたい・・・

▼あずまやを入れた構図の写真がカメラマンに人気だとか

▼冠雪の鈴鹿山脈を借景に。


Information Map

料金:大人500円、小学生以下無料
営業:9:00〜16:00
休館日:無休
駐車場:無料

歩行難易度:

養老天命反転地

滞在時間 12:30-14:30

とっても広〜い空間に、不思議な光景が広がる養老天命反転地(ようろうてんめいはんてんち)。

世界的に有名なアーティスト、荒川修作氏とそのパートナーで詩人のマドリン・ギンズ氏の30数年に及ぶ構想を実現した場所。

 

アートを体全体で体感!不思議に出会える穴場スポット

予想もつかない”不思議”と出会える異次元空間は、身体で直接体験でき、フォトジェニックな光景が広がるアートなテーマパークは若い世代を中心に人気があるんです。

まるでアニメの世界に飛び込んだかのような、非日常の世界はとってもユニークで、遊びゴコロがいっぱい!

>>Instagramで「養老天命反転地」をチェック


Information Map

料金:大人770円、高校生510円、小中学生310円
入場時間:9:00~16:30(開園は9:00~17:00)
休園日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)
駐車場:無料
歩行難易度:

多賀SA 15:20-15:40

大阪市内到着 17:20

お疲れ様でした

 

ルートの詳細費用

 

この記事のルートにかかる費用をまとめました。家族や友人で行った際に、高速道路代やガソリン代などみんなでかかる費用と、それを一緒に行った人数で割り算した時の一人当たりの費用をまとめています。旅行の行き先選びの参考にしてみて下さい。

みんなでかかる費用の詳細

通常・平日 休日
高速道路代(福島ー関ヶ原、養老ー梅田) 10,200円 7,520円
ガソリン代(燃費15km/L、ガソリン130円/L、走行346kmで計算) 2,999円
駐車場代
合計 13,199円 10,519円

※記事公開日の料金です。高速道路代の休日はETC休日割(普通車)を適用。

 

大阪からグループで行った時の一人あたりの費用は

上記ドライブ費用+観光料金(1270円)

※いなべ市農業公園500円、養老天命反転地770円

  通常・平日 休日
4人の場合 4,570円 3,900円
3人の場合 5,670円 4,776円
2人の場合 7,869円 6,529円

※本記事は2021年2月時点での情報の為、実際のものと異なる場合があります。お出かけ前に最新の営業時間や料金等公式HPにてご確認下さい。体調管理に十分配慮して、安全運転でいってらっしゃいませ。長距離ドライブの場合は運転を交代しながら楽しみましょう。