旅ブログ

【兵庫】絶景スポット「神戸布引ハーブ園・ロープウェイ」の失敗しない楽しみ方

神戸布引ハーブ園は、新神戸駅の裏側にある山麓駅からロープウェイに乗って行く山の上のハーブ園で、約200種75,000株の花やハーブが咲く日本最大級のハーブ園。

姉妹施設に、宙に浮いているかのような絶景が人気の「びわ湖テラス」があります。ここでは、びわ湖テラスにも負けない、神戸ならではの絶景が広がります。

この記事では、公式HPにあまり載っていない、事前に知っておきたいオススメの駐車場(専用駐車場はない)から、混雑する時間帯、フォトジェニックスポット、無料で布引ハーブ園に行く方法、”布引の滝”へのアクセスまでご紹介します。

神戸布引ハーブ園・ロープウェイのみどころ

絶景すぎる!ロープウェイからの景色は国内屈指!?

全長1,460m、標高400mのハーブ園山頂駅へ、10分間の空中散歩!

発射直後の新神戸駅付近の高層ビルを間近に見下ろすこのアングル!

合成か!?と思うほどの絶景は、正真正銘ロープウェイからの景色です。

日本全国、様々なロープウェイに乗ってきましたが、これだけ間近に都市部のパノラマ風景を眺める事ができるロープウェイは、日本にはないんじゃないでしょうか?

市街地や布引の滝や貯水湖などを眼下に、見どころ満載の10分間。

日本三大神滝のひとつの布引の滝

あっという間に山頂駅に到着です。

中間駅そば「風の丘 芝生広場」のハンモックで贅沢なお昼寝タイム

僕が一番好きなスポット「風の丘 芝生広場」のハンモック

風の丘中間駅から徒歩1分のところにある広〜い芝生広場。合計20以上のハンモックがあります。ハンモックでゆらゆら、昼寝をするのが最高です!

ハンモックはここ以外にも、園内4ヶ所に設置されてます。(一番多くてオススメなのがここ)

太陽の光が眩しいので、サングラスは必須ですが、秋のそよ風なびかれながらハンモックに揺られるのは至福のひと時。めちゃくちゃ気持ちいいです!

風の丘中腹駅
ハンモック後方群

目の前に、海や港を背景にした神戸市街地の絶景が広がり、季節に応じて花も咲いてます。

寝っ転がると、神戸市街地の景色は見れないかなと思いましたが、そんな事はありません。バッチリ見れます。

実際に寝転がったアングルの写真。神戸市街の絶景が

すぐそばに、広〜い芝生広場があり、無料貸出の遊具があるので、子連れの家族にもオススメです。

フラフープ、ゴムボール、竹馬など

ハンモックが主目的の方は、

布引ハーブ園のロープウェイの特徴として、駅が3つあり、往復乗車券を購入していれば、❶山麓駅 ❷風の丘中間駅 ❸ハーブ園山頂駅の中の、❷と❸の間を何度でも行き来ができます。

「風の丘 芝生広場」はハンモックがフォトジェニックな人気スポットで、週末にはこの広場でイベントが催されることもあります。(2019年11月16〜24日の土日祝はこの広場で”紅葉カフェ”のイベントが開催。11:00〜15:00の間。)人が必然的に増えるので、ハンモック争奪戦になりそうですね。

このハンモックが主な目的な方は、まず初めに中間駅で降りて、広場で遊んでから再びロープウェイに乗って山頂に行く。って過ごし方もいいと思います。

注)平日は比較的簡単に乗車できますが、週末や連休はとても混雑するのでスムーズに乗車できないかもしれません。その場合は、歩いてハーブ園を楽しみながら、山頂へ登っていきましょう。(山頂駅まで歩いて20分。傾斜は結構急です。。)

2019年春にオープンした新スポット「ザ・ヴェランダ」

古き良き神戸の洋館とモダンなカフェを融合した感じの空間が広がり、屋内外でティータイムが楽しめます。

デッキの奥にはハーブの足湯もあります。もちろん、足湯だけを楽しむのもOK

 

布引ハーブ園の過ごし方

布引ハーブ園は山の傾斜に沿って色んなガーデンがあるので、基本的には、山頂駅から中間駅まで下りながら散策するのがオススメです。

ハーブ園山頂駅出てすぐの広場。このテラスでファストフードを楽しむことも
そばにあるイングリッシュガーデン
ハーブの香りが楽しめるコーナーも
道沿いの随所にガーデンが
ちょっと変わった植物も
布引滝をイメージした滝のパティオ
ハイキングの最終ポイントがこの風の丘芝生広場
さっぱりしたラベンダーソフト

風の丘芝生広場まで下りてきたら、風の丘中間駅から山麓駅に戻るも良し、山頂駅に再び戻るも良し、ハイキングが好きな方は、風の丘中間駅をさらに下って”布引の滝”へ行く事も可能です。

この写真奥にある出口から布引滝へ行くハイキング道があります。(出入り自由)
門がありますが、出入りは自由
普通の道路を下ります
7〜8分で階段が右手に出てくるので、下ると休憩場所があります
休憩所から、整備された階段の遊歩道が続き、10分位下ると布引の滝へ到着!
布引の滝から新神戸駅までは約10分。森林浴が楽しめる遊歩道から200段以上の階段を下ります。

下りばかりなので、比較的に楽です。布引の滝付近では、お散歩中の幼稚園児たちも見かけたので、小さな子供でも問題ありません。

11月中旬〜下旬は紅葉が綺麗なので歩いて下るのもオススメです。その場合、ロープウェイ代が650円浮きます!

 

週末や連休の混雑具合は?

平日はどの時間もそれほど混んでいません。週末になると、時間帯によってはロープウェイの乗車に少しの待ち時間が発生したり、人気のスポットではゆっくり写真がとれなかったりします。

特に注意したい時間帯は、11時〜14時。

11月上旬の3連休は、多い時で90分の待ち時間が発生したようです。

一番間違いないのは、朝一番の入園。ですね

 

布引ハーブ園へのアクセス・料金・駐車場

新神戸駅から徒歩5分。三宮駅から北野異人館経由で徒歩20分です。北野異人館街経由も雰囲気があるのでオススメ。

車の場合、布引ハーブ園には専用の駐車場がありません。一般的な最寄りの駐車場はANAクラウンプラザ神戸の駐車場になります。(山麓駅の隣)

駐車料金 平日最大 土・日・祝日最大
ANAクラウンプラザホテル神戸(収容650台) 300円/30分
(8:00~20:00)
100円/30分
(20:00~8:00)
1,200円
(24時まで)
2,400円
(24時まで)

 

 

無料で「神戸布引ハーブ園」が楽しめる裏技

布引ハーブ園の公式HPやパンフレットでは、「布引ハーブ園へのアクセスはロープウェイのみとなっております。」と記載されていますが、実はもう一つ手段があるんです。

それは、歩いて登る!!

裏技って言うほどでもありませんね。実は、神戸布引ハーブ園の入園自体は無料で、料金の1,500円はロープウェイの利用料です。

往復(山麓⇄山頂) 片道(山麓→山頂、山頂→山麓) 山麓→中間、中間→山麓
大人 1,500円 950円 750円
小人 750円 480円 380円

ご覧の通り、往復歩いて入園すれば無料です。

ルートは、山麓駅からではなく、新神戸駅から歩いて登るルート。僕も実際歩いて登りましたが、片道約35分間で登る事ができます。(新神戸→風の丘中間駅付近。山頂駅までだと1時間は必要)

普段運動していない方は、登り終えると、ふくらはぎがパンパンになってます。

ただ、神戸布引ハーブ園の醍醐味はロープウェイからの眺望なので、やっぱり片道だけでもロープウェイの乗車はオススメしたいですね。

 

どういう時にハイキングがオススメかというと、

  1. 連休などの繁忙期で、ロープウェイの乗車時間がもの凄い時。90分待ちなど、歩いて登った方が早い時もあります。山頂駅からの片道だけロープウェイを利用だと料金も安くなります。
  2. 単純にハイキングや、布引滝の観光も楽しみたい。(下山時推奨)

に限ります。また、注意点として、

  1. 簡単なハイキングなので、スニーカーは必須。(ヒールやパンプス、ブーツは絶対にオススメしません。
  2. 途中、階段を260段近く登る。
  3. 途中、トイレ休憩ができるスポットは1箇所だけ。

いかがでしたか?目的をしっかり決めて行くと、時間やお財布の面で様々なアレンジが効くので計画的に楽しみましょう。

RELATED POST