兵庫

【兵庫】大人も楽しめる!リニューアルオープンの“グリコピア神戸”工場見学

一度行ってみたかったリニューアルされたばかりのグリコピア神戸の工場見学!子供を連れて初めて工場見学へ、どんな反応するかな~とワクワク(‘ω’)

ほかにも行ってみたかった明太子のテーマパークや幼児が楽しめるアトラクションのある道の駅なども。

1日のしめくくりは1000万ドルの夜景が楽しめる、様々なシーンでおススメのプランです!

友達と 

恋人と 

子供と 

ますはGoogleマップでルートを確認

 

出発目安時間 大阪駅周辺

9:00 

グリコピア工場見学の時間30分前に到着できるよう逆算して出発時間を決めたほうがいいですね。

一度は行きたい!大人も楽しめるグリコぴあ神戸工場

10:30→12:30 ※見学の所要時間は70~80分

2018年10月1日にリニューアルオープンという情報をネットで見つけ、1ヶ月前にネットで早速予約!予約は4か月前からですが、土日は即満席に!!めっちゃ人気ですね・・・毎月5日(休館日の場合は、翌日6日)がネット予約のカレンダー更新日なので参考までに、

11月5日より 〜2月

12月5日より 〜3月

までの予約が可能です!土日しか休みが取れない方は更新日に予約しましょう。

気になる見学内容ですがざっくり紹介していきます。

駐車場のグリコワゴン

駐車場に着くと、すぐ目に飛び込んでくるのがカワイイグリコワゴン!みなさんワゴンの前で写真撮ってますね~

ん!?ワゴン横に立っているのぼり旗ポールをよく見るとポッキーじゃないか!至る所に遊び心があっていいですね!子供の反応は今のところ〇です(‘ω’)

 

入館は予約の20分前から可能。受付を済ませ、ウェルカムルーム(写真右下)に案内されますが、ポッキーの巨大なトンネルに圧倒されます。子供は少し怖がっていました・・・ウェルカムルームでは見学開始時間までグリコ商品のPR動画を鑑賞します。

いよいよ工場見学

工場内の写真撮影は禁止されているのでここからは文字だけで

見学は同じ時間帯に予約をした他のグループと一緒に回ります。今回はこの秋発売の新商品とプリッツの製造工程を見学。娘は「早く遊びたい~」と終始グズってました。(予想通り・・・)どちらかというと工場見学は大人の方が楽しめますよね!特にパッケージングや箱詰めの光景はたまんないぐらい気持ちいいです!

ヒストリーコーナー

歴代のお菓子やおまけで付いてくるオモチャが展示されており、ここは子供も大人も関係なく楽しめます。見るだけでワクワクしますね!

デジタルクッキング

タッチパネルで自分だけのプリッツ又はビスコを作ります。最後は参加者全員のお菓子を巨大スクリーンで披露するちょっとしたショーがあるのですが、アテンダントさんが1つ1つのお菓子にコメントをくれます。(これが結構恥ずかしい。自分のお菓子の紹介の際にはドキドキしちゃいました。)見られてもちゃんとしたやつを作りましょう。QRコードが表示されるので作ったお菓子は思い出にダウンロード出来ます。

お買い物

今日出来たばかりのお菓子も販売しています。今回はプリッツでした。他にもいろんなお菓子が販売されてます。
僕はこれにめっちゃ惹かれましたがぐっと抑えました。
最後に出口でポッキーの風船とプリッツを貰い終了です。ちなみにここで貰えるプリッツは今日出来たものではないそうです。

途中の渋滞も考慮して30分くらい前に到着出来るようにしておきましょう。
もし早く着いたら車で5分もかからないところにお菓子のアウトレット、スイートガーデン神戸工場があります!工場直売なので訳あり商品がとにかく安い!

グリコピア神戸HP<予約はこちら>

お菓子の激安アウトレット!スイートガーデン神戸工場 直売店

12:30→12:45

口コミで評判が良かったので以前から気になっていたところです。スイートガーデンは工業団地のなかにあり、直売店の場所が少し分かりづらいです。敷地に車で入って正面にあるこの小さな建物が直売店。店内は非常にコンパクトなので時間はそれほどいりません。時間調整にぴったりです。もちろんここを目的に来られる方もいらっしゃいます!

いったいどういったスイーツが販売されているかというと、今回購入したこちらのチョコレートケーキ

分かりづらくて申し訳ないのですが、結構おっきいです!5人前くらい?このボリュームでなんと200円!?

見た目が少し崩れているだけでこの価格は魅力的です!特にお子様連れのご家族にはオススメ!子供のおやつにちょうどいいですね!

なぜこんなに安いの?

①作りすぎの商品
発注数を予測して生産するも、余ってしまったので安く販売!
②規格外
ロールにひびが入ったり、少し大きかったり、小さかったり規格外になってしまったから安い!
③ロール等の切れ端の活用
「パンの耳」と呼ばれる部分と同じロールの両サイドの切れ端だから安い!
④試作品の提供
商品開発(新商品・サンプル)で生産した商品を販売するから安い
⑤アウトレット専用商品
商品終売によって残った原材料を使用したアウトレット専用商品だから安い!

※保冷剤は1つ5円。レジ袋は1枚5円、スポーン・フォークは付いていません

子供も遊べるレトロ?でオシャレな道の駅ファームサーカス 道の駅神戸フルーツ・フラワーパーク大沢

12:15→14:35

グリコピアから車のナビは有料道路利用で1時間かかると計算していましたがGoogleマップは下道で40分とナビしていたのでGoogleマップの推奨ルートを使いました。途中めちゃくちゃ細い道が続く森の中を走りましたが、一瞬だけです。すれ違いは困難ですがこんな道は地元の方しか利用しそうにありません。ナビ通り42分で到着!恐るべきGoogleマップ!

道の駅神戸フルーツ・フラワーパーク大沢は2017年に道の駅に生まれ変わった施設です。以前は併設の神戸フルーツフラワーパーク(以前は有料施設。今は無料。神戸おとぎの国も以前からありました。)でした。

ここでは晴れていれば子供を遊ばそうと思っていましたが、あいにくの雨だったのでランチとお買い物だけする事に。

ちなみに、なぜここの遊園地で子供を遊ばせたかったかというと、4歳ぐらいまでの幼児が気軽に遊べる遊園地を探してたんです。ここの遊園地神戸おとびの国入園は無料で各アトラクション毎の料金だけで楽しめます。

遊具のイメージはこちら/おとぎの国HP

お腹がすいてきたからこちらのレストランで生パスタランチ!他にも小さなフードコートもあります。

オシャレな店内でしたか子連れ家族も結構いました。


生パスタは6種類ぐらいで1000円~1600円、ピザは7種類ぐらいで1000円~1600円、その他カツレツやステーキ、オムレツなども。+600円でサラダ&ドリンクバーをセットできます。単品だと1200円(ちょっと高い?)今回はフレッシュトマトを使ったポモドーロ(1000円)をいただきました。

子供用のスプーンがスコップでかわいいですね!

ちなみにフードコートはこんな感じ

ちょっと見ずらいですが、カレー880円やうどん550円、季節の農家ごはん1100円などです。

最後に、神戸のとっておきの逸品が揃うファームサーカス・マーケットでお買い物。神戸で長く愛されているお店の焼き菓子や食品、食材など常時700種以上が並びます。

おっ!?ノーベル賞授賞式で振舞われたこともあるあの福寿も置いてますね~

お買い物だけでも楽しめますね!できればたっぷり時間をとりたいところです。

あと、忘れないうちにおすすめしたいのが、フルーツフラワーパーク内にある売店の六甲山麓牛乳ソフトクリーム!私はソフトクリームが大好きで、旅先では必ずご当地ソフトを食べます。ここのソフトクリームは個人的にトップ10にランクインします!

ミルクがとても濃厚でワッフルの中にたっぷり詰まっており350円と平均的なお値段になります。ぜひ一度食べてみてください

 明太子好きにはたまらない!無料で楽しめるめんたいパーク神戸三田

15:20→16:10

明太子の老舗かねふくさんが運営する明太子専門のテーマパーク。できたてほやほやの明太子の試食や購入ができたり、フードコーナーで明太子グルメを味わったり、

明太子のつくり方などを学んだり、無料で工場見学もできるので大人から子供まで幅広い年齢層の方が楽しむ事ができる人気スポット!

出来立ての明太子は違いますね~!!!

子供が楽しめるイベントも行ったりしているので事前にチェックしてみてください。

1000万ドルの夜景が楽しめる六甲ガーデンテラス

17:00→17:30  駐車場500円

©六甲山観光株式会社

めんたいパークから六甲ガーデンテラスまで六甲北有料道路410円を利用するのか、下道で行くのか。駐車場代が500円かかるのと、下道で行っても20分ぐらいしか余分にかからないので今回のルートは下道で。

六甲ガーデンテラスは日本有数の眺望た楽しめる無料スポット。

日中は晴れていれば明石海峡から関西空港までヒルがる大パノラマ、そしてなんといっても夜には1000万ドルの夜景が楽しめる関西屈指の眺望スポットです!

ちなみに今回、日の入り予定が17時ころだったので行く予定をしていたのですが、天気が悪く、そのまま帰ることにしました・・・・残念(/ω\)

みなさんは、ルートを組む時に、日の入り時間を調べて、夕焼け~夜景を楽しめる時間に訪れるのをおすすめします!同じ場所からでも2度の絶景を楽しめますね!

六甲ガーデンテラスHP

他にも、夜景を楽しめるレストランやフードテラス、LED照明を使った光のアート六甲枝垂れ(別途200円)なども楽しめるスポットです。

©六甲山観光株式会社

 

いかがでしたか?今回ご紹介したスポットは無料で楽しめるところばかりです!1日の計画を事前にしておけば、無駄な時間を使うことなく、夕暮れや夜景など素敵なシーンを楽しむ事もできるので、お出かけの際に本プランを参考にして頂ければ嬉しいです。

https://rootrip.jp/3340-2/