関西オススメ&穴場スポット

【兵庫】「UCCコーヒー博物館」に行ってみたら、もっとコーヒーが好きになった。

 

✽r∞trip|ルートリップ✽

こんにちは。先日、とても気になっていた「UCCコーヒー博物館」に行ってきました。

訪れるだけで、今まで何気なく飲んでいたコーヒーに深みが増し、コーヒーがもっと好きになる、そんな素敵な博物館。

普段何気なく飲んでいるコーヒー。実はとっても奥が深いんですね!

UCCコーヒー博物館では、コーヒーの歴史を学べたり、生豆に触れたり、香りを楽しめたり、豆を挽く音を楽しめたり、テイスティングが楽しめる「日本で唯一のコーヒー博物館」

コーヒー好きにはたまりません!

※この記事は2019年の記事を更新したものです。

 

「UCCコーヒー博物館」に行ってみた感想

まず最初に、家族3人で行った時の感想です。

  • 普段なかなか見れない焙煎機やサイフォンなど、手軽に楽しめて面白かった。
  • 一人で来たら、3時間くらいいそう。
  • 無料で楽しめるテイスティングが面白かった。
  • コーヒーの書籍がたくさんあり、コーヒーの図書館としも利用できるので。コーヒーが好きな方にオススメしたいなと思った。
  • 入館が無料になるクイズに失敗してめちゃくちゃ悔しかった。
  • 時間の都合が合わなかった、焙煎体験をする為にもう一度来ようと思った。
  • 大人だけでゆっくり楽しみたいなと思った。

 

とても落ち着いた施設なので、ゆっくり、じっくり楽しみたかったです( ̄∀ ̄)

未就学児の子供を連れて行ったので、焙煎体験など、一緒に連れて入る事が出来ません。

基本的には、コーヒーの知識を学ぶところなので、じっくり時間が取れる方にオススメです!

焙煎前のコーヒー豆や、焙煎機など普段めったに見ないものなので、子供も興味津々で楽しんでいましたが、じっくりコーヒーを学びたいのであれば、大人だけで行くことをオススメします。(小学生以上であればいいかも)

 

「UCCコーヒー博物館」でテイスティング体験

UCCコーヒー博物館では、毎日「コーヒーの香りや味を比較する”テイスティングコーナー”」が開かれます。1日4回実施しているので、この時間に合わせて入館するといいですね。

僕たちはこの時間に合わせて訪れました。

 

 

■テイスティング開催時間

  • 11:00〜11:30
  • 13:00〜13:30
  • 12:30〜15:00
  • 16:00〜16:30

事前予約は必要ないので、時間に合わせてテイスティングコーナーに行くと2種類のコーヒーを用意してくれます。

 

同じ豆でも、焙煎度合や、挽き方でこんなに味が変わるの!?とびっくりするくらいはっきり分かって、面白かったです!

 

展示室

入館料が300円だったので、簡単な施設なのかな?と思っていましたが、想像以上に立派な施設でビックリ!

 

 

 

 

コーヒー豆は何層にもなっているようです

 

 

 

 

 

 

 

 

2007年度の”ワールドバリスタチャンピオンシップ”で女性初の世界4位に輝いた宮前みゆきさんが大会で使用したエスプレッソマシン

 

 

コーヒー焙煎体験

コーヒー焙煎体験はやってみたかったんですが、子供がいたので断念。。。

毎日13:30〜1回だけの開催。コーヒーの焙煎を体験でき、手網を使って焙煎したコーヒー(約100g)をお持ち帰り。

土日や祝日は人気があるので、早めに予約をしましょう。

※会場内、とても狭く、湯気も立ちますので同伴でも未就学児の入場は出来ません。

コーヒークイズQ &Aコーナー 全問正解すると?

展示を見学した後に、コーヒークイズにチャレンジ。

クイズは全部で5問で、全問正解すると「コーヒー大博士」に認定されて、

1年間の入館料が無料になるんです!

 

この問題がめちゃくちゃ難しい・・・結構真剣に展示を見学した後だけにショック。

チャンスは3回あるんですが、僕は最高4問正解。残念ながら大博士になることはできませんでした。

 

「UCCコーヒー博物館」へのアクセス

大阪市内から、車で約40分。

UCCコーヒー博物館には専用の駐車場がありません。近隣の公共駐車場を利用する必要があります。最も近いのが「タイムズフォークランド 神戸ポートアイランド店」

ここから徒歩2分で到着です。

▼タイムズフォークランド 神戸ポートアイランド店


Information Map

料金:大人300円、小人150円
休館日:毎週月曜日(月曜祝日の場合は翌日)・年末年始
営業:10:00〜17:00(入館は16:30まで)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です