近畿

【兵庫】大阪から車で「城崎温泉」大人の旅。オススメ&鉄板観光ルート

 

✽r∞trip|ルートリップ✽

「カランコロン」下駄を鳴らしながら外湯巡りを楽しみたい城崎温泉。「第15回浴衣の似合う温泉地」(旅行新聞社)で見事日本一に輝いた人気の温泉地です。

大阪から車で約2時間半。比較的アクセスしやすく、気軽に行ける温泉地なんですが、アクセスルートが多すぎて、どの道で行こうか迷うところ。。

今回は「初めて城崎温泉に行く方」「予算のある方」「じっくり大人の旅をしたい方」にオススメのルートをご紹介します。

 

\このルートのドライブ費用は/

平日・通常 11,039

休日ETC割 9,209

(ガソリン代、高速道路代、駐車場代)

詳細はページの一番下へ↓

恋人・夫婦 
友達    
家族    

 

1日目 城下町出石散策と城崎温泉外湯めぐり

Googleマップでルートを確認 -DAY1

出発の目安は?

大阪駅出発 9:00

 

それでは出発しましょう

 

城下町「出石」散策と「甚兵衛」の出石そば

滞在時間 11:30-13:30

出石

城下町出石では美味しいお蕎麦と、町並み散策を楽しみましょう。桜や紅葉が綺麗な出石城跡など、みどころ満載ですが、個人的には近畿最古の芝居小屋「永楽館」がオススメ。

 

出石城跡

廻り舞台や奈落、花道といった普段なかなか見ることの出来ない芝居小屋の一面を見る事ができます。

 

出石 永楽館当時のままのレトロな看板は雰囲気があります

公演や貸館日は見学ができないので事前に公式HPの開館カレンダーで確認しておきましょう。

散策を楽しんだ後は出石そばに舌鼓

出石そばと言えば「甚兵衛」

出石 甚兵衛ミシュランガイドで『ビブグルマン』獲得の老舗。

 

出石 甚兵衛

地元の方に「どこの蕎麦屋がオススメですか?」と尋ねれば、たいていの方が「甚兵衛」を紹介してくれます。永楽館から徒歩2分の場所に店を構えます。

一人前はそば5皿(薬味付)で950円。(追加は一皿単位で注文可能)

目安は男性10 〜15皿、女性5〜10皿です。ここは是非、17皿にチャレンジして「蕎麦通の証」を手に入れてみて下さい。


出石永楽館 Information Map

料金:大人300円、学生200円、中・小学生以下無料
営業:9:30~17:00(最終入館時間16:30)
休館日:毎週木曜日、12/31・1/1休館
駐車場:大手前駐車場から徒歩3分(400円)


さらそば甚兵衛 Information Map(駐車場・アクセス)

営業:11:00〜18:00
休館日:水曜日
駐車場:無料(20台)

 

城崎温泉「西村屋ホテル招月庭」

到着時間  14:20

 

 


おすすめのお宿「西村屋ホテル招月庭」

城崎温泉で言わずと知れた人気の宿。創業100年を超える老舗中の老舗。その趣は国内トップクラス。

 

 

2日目 但馬の名所を綴る。奇勝・名爆や日本一の大仏、録有形文化財の名建築でコースランチ

Googleマップでルートを確認 -DAY2

西村屋ホテル松月亭でゆっくり過ごした翌日、出来れば観光で疲れを残したくないもの。「そのまま帰るのはもったいない。」そんな時にオススメのルート。

ご紹介する3つの名所は”サクッ”と見学が楽しめて見応えは十分。それほど歩かないので疲れも残りません。意外と知られていない但馬の名所を綴っていきます。

 

ホテル出発 10:00

「玄武洞」

滞在時間 10:15-11:00

玄武洞l公園

城崎温泉から車で南に15分。160万年前の火山活動により、マグマが冷え固まって出来た自然の造形物があるんです。その大きさは本当に圧倒で他にも、白虎洞や北朱雀洞、南朱雀洞、青龍洞なども見ごたえ十分。ここは絶対に外せないスポットです。


Information Map(料金・駐車場・アクセス)

駐車場:無料
歩行難易度:

 

「オーベルジュ豊岡」で但馬キュイジーヌのランチ

滞在時間 11:15-13:15

オーベルジュ豊岡1925

豊岡近代化を象徴する1925年にちなんだレストラン「オーベルジュ豊岡1925」

1925年は北但大震災が発生した年。震災をきっかけに、地震や火事に強い町づくりや耐火建築への取り組みも行いました。そして1934年に震災復興建築として建てられたのが「兵庫縣農工銀行豊岡支店」(後のオーベルジュ豊岡1925)です。

白を基調とした洋風建築のとても素敵な空間で「但馬キュイジーヌ」をいただきましょう。

ちなみに“キュイジーヌ”とはフランス語で“料理”という意味。ここでは但馬の食材を使った、但馬ならではの料理という事ですね。

 

オーベルジュ豊岡1925前菜:香住ガニと蕪のデクリネゾン

 

オーベルジュ豊岡1925スープ:季節野菜のポタージュ

 

オーベルジュ豊岡1925メイン料理:八鹿豚の赤ワイン煮込み サツマイモのアンサンブル

 

オーベルジュ豊岡1925デザート:苺のダクワーズ ピスタチオのアイスクリーム

 

オーベルジュ豊岡1925

「但馬を味わう」選べるメインの4品!登録有形文化財で楽しむ地産地消フレンチ(3,080円)席数が限られているので、事前予約がオススメです。(予約は一休.comのみ)

一休.comで予約する

 

オーベルジュ豊岡1925豊岡の復興と現代への出発を象徴する時計。1925年の北但大震災が発生した11時11分を指し示しています

 

 


Information Map(料金・駐車場・アクセス)

ランチ営業:11:30〜15:00
休館日:不定休
駐車場:無料

 

長楽寺「但馬大仏」

滞在時間 14:25-15:25

手前は日本で2番目の高さを誇る五重塔

但馬に世界最大級の木彫金箔座像 三大佛があるんです。これが本当に見応えがあって、一度は足を運んで頂きたいところ。

間近で見ると迫力が凄くて、その大きさに圧倒されます。実は東大寺の大仏よりも一回り大きいんですね。「タクシー王」が建造した大仏さんの歴史は古くありませんが、一見の価値あり。(平成6年開眼)五重塔からの眺望も○

 


Information Map(料金・駐車場・アクセス

料金:大人800円、高校生以下無料
営業:9:00~16:00 ※冬季積雪期間中は拝観時間変更の可能性有
休館日:無休
駐車場:無料

歩行難易度:

 

「猿尾滝」

滞在時間 15:50-16:20

その名の通り、滝の景観が「猿の尻尾」に似ていることから名付けられた名瀑。日本の滝100選に認定されています。

駐車場から徒歩約2分で滝つぼへ。マイナスイオンを浴びながら、ちょっとした散策を楽しみましょう。

 

滝壺までの遊歩道

 


Information Map(料金・駐車場・アクセス)

駐車場:無料
歩行難易度:

 

「道の駅 但馬のまほろば

滞在時間 17:15-17:45

新鮮な地元の野菜や、スイーツなど、買い物心をくすぐる商品でいっぱいの道の駅でお買い物を楽しみましょう。


Information Map(料金・駐車場・アクセス)

営業:8:30〜20 :00
休館日:無休
駐車場:無料

 

大阪駅到着 19:45

お疲れ様でした。

ルートの詳細費用

 

この記事のルートにかかる費用をまとめました。家族や友人で行った際に、高速道路代やガソリン代などみんなでかかる費用と、それを一緒に行った人数で割り算した時の一人当たりの費用をまとめています。旅行の行き先選びの参考にしてみて下さい。

みんなでかかる費用の詳細(概算)

平日休日
高速道路代(福島ー和田山、福知山ー梅田)7,190円5,360円
ガソリン代(燃費15km/L、ガソリン130円/L、走行398kmで計算)3,449円
駐車場代400円
合計11,039円9,209円

※記事公開日の料金です。高速道路代の休日はETC休日割(普通車)を適用。

 

大阪から、グループで行った時の一人あたりの費用(概算)

ドライブ費用+但馬大仏

 平日休日
4人の場合3,560円3,102円
3人の場合4,480円3,870円
2人の場合6,320円5,405円

これに、城崎温泉の宿泊費用やランチ代などが加わってきます。ランチ代が2日間でざっくり4,000円、宿代が22,000円〜必要になります。