福井 ドライブ

【福井】大阪から車で、三方五湖レインボー山頂公園と敦賀へ日帰りドライブ

 

 

 

✽r∞trip|ルートリップ✽

たまには日帰りで、ちょっと遠くまで旅に出たいな。

非日常を味わえる絶景、目新しくてフォトジェニックなスポット、新鮮な海鮮グルメが満喫出来て、できる限りコストも抑えたい、、、

そんな要望を満た日帰りドライブプランです!

行き先は、福井県

えっ!?遠くない?日帰りで行けるの?って思うところですね。

福井県でも、南に位置する三方五湖や敦賀だと、比較的アクセスしやすく、湖西道路を利用すれば高速道路代を節約する事が出来ます。

 

 

\このルートのドライブ費用は/

平日・通常 9,412

休日ETC割 8,222

(ガソリン代、高速道路代、駐車場代)

詳細はページの一番下へ↓

恋人・夫婦 
友達    
家族    

 

Googleマップでルートを確認

 

絶景テラスから三方五湖や日本海を一望

出発時間の目安

大阪市内出発 8:00

それでは出発しましょう。

白髭神社

滞在時間 9:40-10:00

まず、最初のスポットは神聖な神社の参拝。

白髭神社は、近江最古の大社で社名(白髭)のとおり、延命長寿・長生きの神様として知られています。

湖中に佇む朱塗りの大鳥居が、広島・宮島の厳島神社に似ていることから“近江の厳島”とも呼ばれていて、近年はフォトジェニックスポットとしても人気があります。

鳥居の向こう側に浮かぶ沖島を背景とした風景はとても美しいですね。


Information Map

駐車場:無料
歩行難易度:

※湖上の鳥居と本殿の間には国道が走っています。横断歩道はなく、交通量も多いので、横断はオススメしません。

レインボーライン山頂公園展望台

滞在時間 11:10-12:10

2018年にリニューアルされた穴場スポット!

全長11.24kmの有料道路、レインボーラインを上ってリフト乗り場まで。そこから、リフト(又はケーブルカー)に乗って辿り着くのが三方五湖レインボー山頂公園。

絶景のウッドデッキテラスはそこにあります!

三方五湖(みかたごこ)とは、2005年11月8日にラムサール条約湿地に登録された景勝地で、5つの湖からなります。それぞれ異なる塩分濃度で、違う青さに見えることから”五色の湖”と言われています。

この絶景テラスでは、三方五湖の眺望を眺めることができ、景色だけなら近年人気急上昇のスポット、『びわ湖テラス』に勝るとも劣りません!

山頂公園はそれほど広くないので、1時間くらいの滞在時間があれば、かなりゆっくり過ごす事が出来ます。

『恋人の聖地』に認定されており、雰囲気も良いので、デートスポットにいいですね!

 

公園内には小さなカフェや足湯、カウンターテラスなどの施設も充実しています。

 

手をかざすと五木ひろしの「ふるさと」が流れてくるレコード盤もありました(笑)

ちなみに、僕の訪れたのは平日の午前で、結構すいていました。(確か他のお客さんは4人ぐらい??)

せっかくの絶景と雰囲気のいいテラスです。あまり混雑していない時に、ゆっくりと楽しみたいですね!

以外と知られていない、今穴場のおススメスポットです!

 


Information Map

料金:大人900円、小人500円(リフト・ケーブル往復乗車料込)
営業:閉園30分前が上り最終乗車。

4月1日~7月20日
9月1日~11月30日
3月1日~3月31日
9:00~17:00
7月21日~8月31日 9:00~18:00
12月1日~12月31日
1月2日・3日
9:00~16:30
1月4日~2月28日 9:00~16:00
1月1日 6:30~16:30

駐車場:無料
自動車通行料:1,060円
歩行難易度:

日本海さかな街

滞在時間 12:40-13:40

日本海側最大級の海鮮市場で美味しい海鮮グルメを満喫!

レインボー山頂公演から、通常のナビ検索だと高速道路を利用するルートを推奨してきますが、お金がもったいないので下道で移動しましょう!(国道27号線)時間はほとんど変わりません。350円の節約にしかなりませんが、貴重ですね・・・

日本海さかな街は、日本海側最大級の海鮮市場で、海鮮好きにはたまらない!グルメのテーマパークです!

海鮮だけにとどまらず、北陸の人気店舗か結構入ってます。かなりの店舗が入ってるので、ぶらり歩くだけでも楽しめます!敷地面積も結構広いので、半日ぐらいいれそうですね!

お昼ご飯はここで決まりです!


Information Map

営業:10:00〜17:30
2021年休館日:2月10日、3月10日、4月14日、5月12日~13日、6月9日、7月14日、9月8日、10月13日

駐車場:無料
歩行難易度:

敦賀赤レンガ倉庫

滞在時間 13:55-14:55

敦賀は明治後期~昭和初期にかけて繁栄した国際都市で、この赤レンガ倉庫は明治38年(1905年)外国人技師の設計によって石油貯蔵用の倉庫として建てられました。

その後、軍の備品用の倉庫や昆布貯蔵庫として活用され、2015年にはジオラマ館とレストラン館として生まれ変わりました。 

 

 

全長約27メートル、最大奥行き約7.5メートルの大きさを誇る鉄道と港のジオラマ「ノスタルジオラマ」

このジオラマ館では、日本とヨーロッパを結ぶ玄関として明治後期から昭和初期にかけて栄えた、西洋的な近代建築で異国情緒漂う、華やかな当時の敦賀を再現しています。

30分ごとに上映されるジオラマショーや、ジオラマの中から見渡す事のできる顔出し体験運転体験など、楽しく学びながら見学する事ができます。

赤レンガ倉庫の中にはジオラマ館以外にも、”焼立てチーズタルト”を目の前で焼き上げるオープンキッチンスタイルの赤れんがcafeや、

海風を感じながらちょっとした散策が楽しめるオープンガーデン(イングリッシュガーデン)などもあります。

日本海さかな街でお昼ご飯を食べた後、こちらのカフェやガーデンでまったり過ごすのもいいですね!


Information Map

料金:大人400円、小人200円
営業:9:30〜17:30(最終入館17:00)
休館日:水曜日

駐車場:無料
歩行難易度:

セタセコイヤの並木道

通過時間 15:35

新・日本街路樹百景にも選定されている有名な絶景ドライブスポット。

約2.4キロにも及ぶ通りに、約500本のメタセコイアが植えられていて、まるで映画の世界に入り込んだかのような感に陥ります。

春の新緑、夏の深緑、秋の紅葉、冬の雪景色と年間を通して楽しむことができます。

ちょっと散策をしたい場合は、マキノピックランドに車を止めましょう。

メタセコイヤの並木道

 


Information Map

営業:9:00〜17:00
休館日:不定休
駐車場:無料

歩行難易度:

大阪市内到着 17:35

お疲れ様でした

 

ルートの詳細費用

 

この記事のルートにかかる費用をまとめました。家族や友人で行った際に、高速道路代やガソリン代などみんなでかかる費用と、それを一緒に行った人数で割り算した時の一人当たりの費用をまとめています。旅行の行き先選びの参考にしてみて下さい。

みんなでかかる費用の詳細

通常・平日 休日
高速道路代(福島ー京都東、京都東ー梅田、レインボーライン) 6,630円 5,440円
ガソリン代(燃費15km/L、ガソリン130円/L、走行321kmで計算) 2,782円
駐車場代
合計 9,412円 8,222円

※記事公開日の料金です。高速道路代の休日はETC休日割(普通車)を適用。

 

大阪からグループで行った時の一人あたりの費用は

上記ドライブ費用+観光料()

※三方五湖レインボーライン

  通常・平日 休日
4人の場合 3,253円 2,956円
3人の場合 4,037円 3,641円
2人の場合 5,606円 5,011円

これに、ランチ代やジオラマ入館料(敦賀赤煉瓦で利用する場合)が必要になります。

まとめ

 

いかがでしたか?「レインボーライン山頂展望台」からの景色は、滋賀で人気の「びわ湖テラス」にも負けずとも劣らない眺望です。それでは、お気をつけて行ってらっしゃいませn(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

■この記事で参考になる観光・遊び体験

 

>>じゃらん遊び・体験で「お得なクーポン」をゲット

※本記事は2021年1月時点での情報の為、実際のものと異なる場合があります。お出かけ前に最新の営業時間や料金等公式HPにてご確認下さい。体調管理に十分配慮して、安全運転でいってらっしゃいませ。長距離ドライブの場合は運転を交代しながら楽しみましょう。