泊まって良かった宿

【長野】秋に超オススメ!「蓼科親湯温泉」に泊まってみたら最高すぎた。

 

✽r∞trip|ルートリップ✽

こんにちは。夏の猛暑のピークも過ぎ、季節は秋に向かっています。秋はとても過ごしやすく、赤や茶色に染まる自然美は、目と心を癒してくれますね。

そこで、昨年の秋、信州に行った時の話です。

その時に利用したホテルが、めちゃくちゃ良かったのでご紹介します。

 

どんなホテルかと言うと、

美しい自然にたたずむ、大正浪漫漂う「3万冊の蔵書のホテル」

控えめにいって最高でした!

 

蓼科親湯温泉ってどんなところ?

大正浪漫漂うアンティークな家具や空間、レトロな音学、そして約3万冊の本!!!どこを歩いても、素敵な本が至る所に。

 

その歴史はとても古く、創業は大正十五年。

かつては多くの文豪も体を休めた温泉旅館。リニューアルを繰り返し、新しさの中に、心地よい古さを残しながら、とても過ごしやすい温泉旅館です。

澄んだ空気と、美味しいグルメに、雄大な大自然がとっても魅力的な老舗旅館です。

 

僕が実際に泊まってみて、いいなと思ったところを7つあげてみます。

 

7つの気に入ったところ

1、圧巻の本とロビーラウンジ

「みすずLounge & Bar」

3万冊の本の数はハンパないです。とにかく至る所に本棚があり、図書館か?と錯覚するような本で埋め尽くされて通路も。

 

何かの本をじっくりと読む訳ではありませんでしたが、お風呂上がりや、朝の静かな時間にちょこっとだけ、気になった本を手に取り、レトロな音楽のかかるライブラリで、大人の時間を愉しみました。

 

廊下に置かれた本棚

 

ここどこだと思いますか?実は、廊下なんです。

 

いや〜、この時間、是非皆さんにも共有したい!!!本好きも、そうでない方も素敵な時間が過ごせます。

滞在中に、館内着として用意されている羽織に身を包むと、気分は大正時代の文豪。

ロビーラウンジで好きな本を読み漁りたくなります。

 

泊まれる図書館という感じです。

出来れば2連泊ぐらいして、ゆっくりと鋭気を養いたいところですが、一泊でも十分楽しめます。

 

2、文豪気分

館内着の作務衣の上の羽織り

これがとても気に入ってしまいまして、大正浪漫漂う館内の雰囲気にピッタリ。ワインやウイスキー片手に「みすずLounge & Bar」で優雅に過ごしたいですね♪

 

 

3、自然がすぐそこ

ホテルから徒歩10分で行ける蓼科大滝(早朝散策時の1枚)

蓼科親湯温泉は自然の中に佇んでいて、目の前には、渓流がながれています。

そんは野趣溢れる場所に立地していますが、付近がとても綺麗に整備されていて、イングリッシュガーデンや、広場など、ちょっとした散策を楽しむこともできるんですね。

徒歩10分ほどで、蓼科大滝まてミニトレッキングを楽しめます。マイナスイオンを浴びながら、苔むした森林をトレッキング。森林セラピーにも最適ですね♪

早朝トレッキングなんて最高です。

 

 

 

 

4、温泉が気持ちいい

女性専用の露天風呂

 

女性限定の露天風呂は(許可を得て、清掃中に撮影)眺望抜群の野趣露天風呂。

男性側も野趣溢れる露天風呂がとても素敵です。畳敷きの内湯も嬉しいてすね、

貸切露天風呂もあるので、家族やカップルの方にオススメです!

 

男性用露天風呂

 

 

畳敷きの大浴場。足裏の触感が気持ちいい

 

露天風呂で美味しい空気を吸いながら、この景色。最高です

 

5、レストランがお洒落

とても印象に残っているのが、このレストランでの食事。2019年にリニューアルをしていて、区切られたプライベート空間で食事を楽しむことができます。

また、レストランで案内していただいたスタッフさんが、ロシア?の方で、流暢な日本語で気持ちよく対応してくたさったのを覚えています。(まだいるかな?)

 

6、夕食が美味しい

夕食は「蓼科キュイジーヌ」

何それ??

と、お洒落すぎる内容に動揺と期待が。和食?フレンチ?それとも、、、

どの舌で待ち構えたらいいのか、分からないまま、静かに待ちます。

 

スマホで静かに検索。

 

この投稿をInstagramで見る

 

蓼科温泉親湯 その3 夕食は 「蓼科 山キュイジーヌ」だそうだ。 頭の中が「!?」ですが とりあえずレストランへ おされな個室レストランへ通される おっこれがキュイジーヌ空間か! なんだかよく分からない解釈で 自分を納得させる 完全にアウェー空間 キュイジーヌという言葉に 翻弄される むむむ 防戦一方なのでググってみた キュイジーヌ: フランス語で料理、料理方法 はは~ん! 「蓼科 山キュイジーヌ」とは 蓼科の山の恵をいい感じに料理した フレンチということか? どうやらざっくり正解のよう 清らかな水や信州の味噌 醤油、高原野菜、蓼科牛 豊かな自然の恵みで 育まれた素材を活かした料理 和ベースのフレンチ それが「蓼科 山キュイジーヌ」 すっきりしたところでおいしく頂きました。 2019年秋のこと ⠀ ——✂︎—–✂︎—–✂︎—–⠀ ⠀ #温泉⠀ #spa⠀ #癒し⠀ #旅行好きな人と繋がりたい ⠀ #ドライブ ⠀ #大人の旅⠀ #温泉旅行⠀ #温泉デート⠀ #伝統 #温泉旅館 #大人の隠れ宿 #本好きな人と繋がりたい #本好きと繋がりたい #蓼科温泉親湯 #信州 #大正浪漫 #蓼科大滝 #キュイジーヌ

ikeno↑no(@ikenoueno)がシェアした投稿 –

すっかりフレンチの舌になったところで、まずは地ビールを一杯。

 

うまい!!(地ビール独特の風味が大好きです)

 

 

前菜

 

スープ

 

魚料理

 

肉料理

 

 

 

デザート

 

ごちそうさまでした♪

7、ちなみに、朝食も最高です

同じ会場で、和食なんですがこれも美味しかったです♪湯豆腐が美味しかったな〜

窓の外の緑を眺めながら、贅沢な朝食の時間を過ごすことができました。

 

 

 

 

朝食のサラダバー

 

 

まとめ

いかがでしたか?

これまで僕は、国内の100以上の宿に泊まってきましたが、この宿はオススメしたい宿ベスト10に入ります。

お値段もそこそこリーズナブルなのが嬉しいです♪

関東はもちろん、東海圏や関西からも一泊でアクセスが可能なので、気になった方は是非利用してみてください!オススメは10月中旬〜下旬です。

【長野】大阪から車で「蓼科親湯温泉」と信州絶景めぐり1泊2日 大人の旅昨年の秋に泊まった「蓼科親湯温泉」。一緒に回った自然が最高だったので、再現したドライブプランをご紹介します。...