1day r∞trip

【三重】大阪から車で伊勢神宮へ。アクセス・費用・安い高速道路・参拝順をまとめて解決

✽r∞trip|ルートリップ✽

大阪から、伊勢神宮へ車で行く際の費用等まとめました。

ちょっとでも高速道路代がお得になるルートや、参拝順序など、行く前に知っておきたい内容ばかりです。

 

 

このルートの

ドライブ費用は

平日約10,332

休日約10,932

ガソリン代、高速道路代

詳細はページの一番下へ↓

大阪から、伊勢神宮参拝へ行くのにどの道がオススメ?安いのは?

 

主要高速道路で距離・時間・高速代を徹底比較

名阪国道利用だと3割節約に!

下記の通り、カーナビやGoogleマップのルート検索で推奨される一般的なルートは下記の2ルート。ナビによって時間などの結果は異なりますが、Googleマップの結果だと下記の通り。距離・時間・高速代ともに、東名阪・名阪国道の方がオススメです!

道路の形状が異なるので一概には言えませんが、単純に比較すると、②東名阪・名阪国道の方が往復20km短くなります。燃費15km/L、ガソリン130円/Lで計算すると、約173円。

ガソリン代も含めると、往復で2,633円もお得に!

名神・新名神(福島ー伊勢西) 東名阪・名阪国道(梅田ー伊勢西)
距離 197km 187km
時間 約2時間36分 約2時間23分
高速代(ETC利用) 4,330円 3,100円

 

 

どういった時に名神・新名神経由がオススメ?

GWや連休時などは、たいてい①名神高速道路の方が混雑します。(京都観光の影響で)

なので、ほとんどのケースで②東名阪・名阪国道がオススメなんですが、下記の2ケースの場合は①名神経由がオススメです💧

  • 事故渋滞で東名阪道・名阪国道が渋滞している時(出発前にチェック!)
  • 運転に慣れていない方(坂道&急カーブが多いので)

下記の、天理ICから福住ICの間にある急勾配(6%)のカーブ、通称Ω(オメガ)カーブ

名前はなんかかっこいいですが、こいつが曲者!

天理→福住方面は上り坂になっているので、さほど怖くはありませんが、福住→天理方面(ちょうど帰りの)は自動車専用道路の限界とされる6%の急勾配に加え、Ωカーブが曲者!

このカーブが運転に慣れていない方にとってはちょっと怖いです。(日没後は特に)

 

 

二見興玉神社⇨伊勢神宮下宮⇨伊勢神宮の順番で参拝

Googleマップでルートを確認

その他のオプション▷ マップにアクセス▷ 始発地を現在地に変更▷ 「完了」▷ 「▲開始」▷ start

 

大阪駅出発 8:00

それでは出発しましょう。(東名阪・名阪国道のルート)

名阪関ドライブイン(休憩) 9:50ー10:10

二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)・夫婦岩

11:20ー13:00

古くから伊勢神宮の参拝の前には、二見が浜の海水で身を清める禊祓みそぎはらえをしてから、外宮、内宮参拝をする習わしがあり正式な順とされていました。今でもそういった方がいらっしゃるようです。

二見興玉神社では、禊祓の代わりに無垢塩の祓を行い、直接禊を受けられない方のために霊草の「無垢塩草」が用意されています。

参拝後、社務所にて神様に奉納するお金「初穂料はつほりょう」を200円を納めると「無垢塩草」が頂けます。

この夫婦岩・二見興玉神社までは、伊勢夫婦岩めおと横丁から歩いて5分です。参拝後は、下宮に行く前に食事も済ませて行きましょう。

伊勢夫婦岩めおと横丁には、”伊勢うどん”や”まぐろ丼”、”松阪牛”を気軽に食べることができるお店があります。お土産屋さんも充実しているので、お買い物もどうぞ。


Information Map

伊勢夫婦岩めおと横丁・伊勢シーパラダイス併設
営業:9:00〜17:00(冬季営業で16:00までの営業あり。詳細はHPへ)
休館日:2019年12月10日〜13日(詳細はHPへ)
駐車場:平日200円、土日祝日など800円(2時間まで、以降1時間毎に200円)

※伊勢夫婦岩めおと横丁の駐車場が混雑している場合は、徒歩600mと離れたところにある伊勢シーパラダイス第2駐車場へ。(無料)

 

伊勢神宮 外宮(豊受大神宮)

13:30ー14:30

伊勢神宮 外宮の豊受大神宮とようけだいじんぐうは、豊受大御神とようけのおおみかみをお祀りしており、衣食住、産業の守り神です。

内宮の天照大御神あまてらすおおみかみのお食事を司る神様なので、内宮より先に神饌しんせんと呼ばれる神様のお食事をお供えします。

その事から、外宮から内宮の順にお参りするのが習わしといわれています。

 

外宮は左側通行
せんぐう館の休憩所

 


Information Map

伊勢神宮 外宮
駐車場:無料

 

伊勢神宮 内宮(皇大神宮)

14:45ー16:45

皇室の御祖先である天照大御神あまてらすおおみかみをお祀りする内宮。

内宮参拝時には是非、手水舎で手を清めるのもいいですが、五十鈴川の御手洗場に手をひたし、清めましょう。

そこからちょっと歩いて、右手に五十鈴川の守り神とされる瀧祭神をお参りして、御正宮へ。木に覆われた、石段を一歩一歩昇るたび、神聖な空気に触れ、気が引き締まってきます。

階段を下ると、とても大きな木に人がよく群がっています。木に手を触れ、パワーをもらうような仕草をしている方がよくいらっしゃしますが、聞いた話によると、あの行為は木の寿命を縮める事になるので極力控えましょう。

御正宮参拝後、数多くある別宮の中でも上位にある荒祭宮も参拝。

最後に、女性の方は子授・安産の神様がお祀りされている子安神社も。

ここまでざっと1時間。お疲れ様でした。おはらい町、おかげ横丁で食べ歩きなどをして、疲れた体を癒してください。

お正月に関しては、とても混雑するので、今回の参拝順序はおすすめできません。日帰りではちょっと難しいかもしれません。例年1月4日又は5日は内閣総理大臣が参拝されるので、とても混雑します。

本当はこの後「お伊勢参らば朝熊をかけよ、朝熊かけねば片参り」と歌われるように、伊勢神宮の鬼門を守る朝熊岳金剛證寺あさまだけこんごうしょうじも回りたいところです。内宮から車で約20分のところにあるので、おはらい町やおかげ横丁など行かずに、回ることも可能です。

この4つを回って、初めて正式な参拝順といわれています。

通行料:伊勢志摩スカイライン1,270円

 

 


Information Map

伊勢神宮 内宮
駐車場:1~2時間500円 以降30分毎に100円加算

名阪関ドライブイン 17:55ー18:15

大阪駅到着 20:15

お疲れ様でした

 

ルートの詳細費用

 

この記事のルートにかかる費用をまとめました。家族や友人で行った際に、高速道路代やガソリン代などみんなでかかる費用と、それを一緒に行った人数で割り算した時の一人当たりの費用をまとめています。旅行の行き先選びの参考にしてみて下さい。

みんなでかかる費用の詳細

平日 休日
高速道路代(梅田ー伊勢、伊勢西ー梅田) 6,200円
ガソリン代(燃費15km/L、ガソリン130円/L、走行396kmで計算) 約3,432円
駐車場代 700円 1,300円
合計 約10,332円 約10,932円

※記事公開日の料金です。高速道路は全てETC利用の料金です。

 

大阪からグループで行った時の一人あたりの費用

上記ドライブ費用+二見興玉神社の初穂料(200円)

  平日 休日
4人の場合 2,783円 2,933円
3人の場合 3,644円 3,844円
2人の場合 5,366円 5,666円

 

ドライブはみんなで行くとお得ですね♪

RELATED POST