旅ブログ

【三重】新スポット!「おやつタウン・おやつカンパニー工場見学」を体験!混雑時に失敗しない、おすすめの過ごし方

✽r∞trip|ルートリップ✽

今年の7月にオープンした、三重県津市にあるおやつタウンへ。

誰もが知っている「ベビースターラーメン」のテーマパークが今年の7月20日に三重県の津市にオープンしました。

こじんまりとしたテーマパークで、オリジナルベビースターラーメンが作れたり、巨大屋内アスレチックや滑り台、ここでしか買えないベビースターがあったり。

オープンから43日目で入園者数が10万人を突破するほどの盛況ぶり!(ちなみに、おやつタウンの方に聞いた話では9月に入って、平日の入園者数は約600人。夏休み期間は毎日約2000人が来園していたので、今後の土日もこれぐらいかなとイメージされているようです。)

それほど大きくない施設なので、夏休みなんかは、人気のアトラクションに行列が出来て満足に遊べなかった!って話も聞きます。口コミの評価がそれほど高くないのはその為?

今回は、9月の平日に実際に体験してみた感想と、現地の方に聞いたうえでの僕なりの土日の過ごし方をご紹介します。

HPには載っていないポイントもいくつかあるので、これから行かれる方は必見です。

個人的にはとても楽しく過ごすことができ、満足しました!

料金
大人(13才〜) 700円
小人(4才〜12才) 450円

体験には別料金がかかります

9月の平日に、おやつタウン&おやつカンパニー工場見学に行った時の実際の流れと感想

まずはおやつカンパニー工場見学(無料)

工場見学スタート 10:05〜

おやつカンパニー工場見学は、おやつタウンとは別施設(といっても隣同士)

事前にチェックしておきたいポイントは5つ

  1. 工場見学は完全予約制(予約は3ヶ月前から。直ぐ満席になります!)
  2. 個人枠は1日2回 10:05〜、13:30〜
  3. 定員は20名
  4. 開催は平日のみ
  5. 所要時間は60分(実際には50分ぐらいでした)

おやつタウンの入り口で、受付をします。

ガイドのお姉さんが案内をしてくれます。工場内は飲食禁止ですが、暑い夏場は、水分補給だけオッケーだそうです。

工場は、おやつタウンから、道路を挟んだ向かい側にあります。受付後は歩いて移動。

黄色にペイントされた、遊び心のある工場です。

工場の中に入ると、ベビースターラーメンが出来るところから包装まで、一連の流れを見学。

子供達にとっては、普段おやつに食べているベビースターラーメンが作られていく様子は新鮮だったようで、終始興奮気味に一覧の流れを眺めていました。

写真はありませんが、機械がシマウマやキリンの模様で作られていたり、遊び心があって子供目線に仕上げられたところも良かったです。

最後に、記念撮影のコーナーがあり、終了。

ここまでざっくり45分。

それほど、長時間ではありません。

あと、個人的に一番興奮したのが、工場見学恒例のお土産タイム!

おやっ!?奥の方で大きな袋が用意されているのがちらっと見えます。ドキドキ

この袋の中の、お菓子がすごい!

お菓子は5個セット(内容は時期によって異なる)なんですが、とっても盛りだくさん!大人でも、めちゃくちゃテンションが上がります!

家族3人で行けば、3セットもらえます!工場見学を楽しめるうえ、こんなに盛りだくさんのお菓子が貰えるなんて最高ですね!

ちなみに、おやつタウンには入園せず、工場見学のみ楽しむということも可能です。

おやつタウン入場

おやつ広場 11:10〜

朝一番の工場見学を終えた後、入場するとだいたい11時10分くらい。

見所の一つ、万華鏡トンネルをくぐって中に入って行きます。

ど〜ん 待ち構えるのは、ホシオくんドデカイスライダー

その名の通り、大きな滑り台です

ドデカイスライダーの向こう側に見えるのが、有料のアスレチック。屋内型では国内最大級ということもあり、これがまた人気で、夏休み期間はすごかったそうです。

多い時(お盆)は、待ち時間が90分もあったとか。この日は10分待ちでした。

1階が122cm未満、2・3階は122cm以上の方が対象。料金は1階500円 2階1,500円 2・3階2,500円と別料金

スライダーの手前にあるのが、スポーツバイキング

バスケに野球、サッカー、ボルダリング、卓球、パターゴルフが楽しめます。(無料)

この広場を通り抜け、奥の方に進むと、体験ができる施設やフードコートが。

体験の予約があるので、さっと見学だけして、ホシオくんキッチンへ。その前に、ベビースターファクトリーでお楽しみ体験。

意外と知らない?ベビースターファクトリーで揚げたてベビースターを食べよう(試食)11:15〜

フードコートのダイニングキッチン横にある、ガラス張りになったこちら↓

実はこれ、おやつタウン内にある”ベビースターラーメン”が作り出される工程を見学できる、もう一つの工場(ミニ)。

ちょうど、ベビースターラーメンを製造しているところでした。

ここでじ~っと見ていると、揚げたてのベビースターをバケツにいれて、シェフ?が外に持ってきてくれます。(試食は開催されない時もありますが、じ〜っと見ていると大体提供してくれるそうです。)

ラッキー!もちろん、無料です。

さて、どんなお味かな?

熱っ!

揚げたてはめちゃくちゃ熱いです。手に取れないくらい。

味はとても香ばしく、パリっとした食感が最高です!口に含むと、醤油の香りが口の中いっぱいに広がり、熱いので、フワッフワさせながら食べるんですが、鼻から香りが抜けるので、顔の周りいっぱいにあのベビースターラーメンの幸せな香りが。。

とにかく美味しい!この後、オリジナルベビースターラーメン作りをしたのですが、その時の出来立てとは比べものにならないくらい美味しかったです。

 

ちなみに、数量限定で購入も出来ます。販売しているベビースタートラックは別のエリアになります。ちょうど、出口のあたりになるので、一旦外に出ないといけません。(再入場可能)

ちなみに、おやつタウンに入園しなくても購入は可能です。(外なので)

販売する時間は決まっているので事前にチェックしましょう。

Myスペシャルベビースター作り体験 11:30〜

体験はパンフレットでは50分と書いてましたが、実際には30分ぐらいでした(平日だからかな?)

この施設で唯一、事前予約が可能なプランなので、おススメです。(と言っても、土日や祝日は直ぐに予約で一杯になります。)

体験は、一人だけでもオッケー。ほとんどのグループが家族で参加し、子供だけ体験してました。

簡単に流れを紹介します

①ビニール袋にベビースターラーメンを入れる

②味付けをする

入れ過ぎ注意!

説明がありますが、結構辛いです。僕はカツカレー味で試しました。言われた通りの分量でしたが、かなり濃い味に仕上がり、子供は食べる事が出来ませんでした、、、

子供も食べれる辛さなのか、ソース毎に確認しましょう。

③ビニールに空気を入れ、上手いこと振る振る振る~

④トレイに広げる

⑤オーブンで焼く

⑥待つ!(その間に、カップにデコレーション)

⑦出来上がり!持ち帰り用のカップに入れて完成!

ここまでで、ざっくり30分。思ったより早く終わりました。

ベビースターダイニングでランチタイム 12:00〜

平日ということもあり、結構空いていました。

席もすぐに確保でき、レジも並びません。

ここは、名物「ベビースターカレー」を注文。

1分ぐらい?でブザーが鳴りました。(フードコートでよくあるやつ)早っ!もっと時間かかっていたかな?感覚的には、会計を終えて1分ぐらいで出来上がりました。

おやつタウンのカレーという事もあり、ベビースターラーメンが散りばめられています。初めて食べる食感。

味はごく普通のカレーライスでした。ご飯の量も少なめでこれで700円はちょっと高い?(個人的な感想)

食後は、ヒミツのおやつラボやドデカスライダー、アスレチックなど、適当に遊びました。

ヒミツのおやつラボ 

小学生6年生以下の子供限定で、一人で参加できる子に限ります。未来のおやつが研究されているとか?どんな内容だったか子供に聞いてみましょう!

ここでしか買えないレアなお土産がいっぱい!「おやつマルシェ」でお買い物

出口付近は、お土産ゾーンの「おやつマルシェ」

ここでしか買えない限定のベビースターラーメンなど、魅力的でユニークな商品がいっぱいあります!

        

以上、ざっと4時間ぐらいの滞在ですが、とても満足しています。やっぱり、平日であれば混雑もしていないのでゆっくり楽しめます。やりたい時に、各体験ができるのはいいですね。

これなら、わざわざ大阪から行くのもいいなと思いました。

 

必見!土・日や連休はこうはいかない。混雑期の注意点と、楽しみ方

僕は土日に行ったことはありません。現地のスタッフの方に色々聞いた上での、個人的な感想なので、あくまでも参考程度に。(今度、土日にもう一度行こうかなと思っているので、めちゃくちゃ聞きました。HPに載っていないような情報もあります。

  1. 混雑時は入場規制が入る!?お盆期間や、ゴールデンウィーク、3連休の初日などは可能性があります。夏休みの土日とお盆、9月15日は入場規制がかかっています。早くても11時くらい〜
  2. 工場見学は行なっていません
  3. 3ヶ月前からのWeb予約は直ぐに満席に!予定は早めに
  4. 人気のアスレチックはめちゃくちゃ混みます 過去には90分待ちも
  5. 大型連休時に予約なしで行く場合は朝一番の入場が必須

お盆期間や、3連休、ゴールデンウィークなどの最繁忙期は上記の事からあまりおすすめしません。特に遠方から行く場合は尚更ですね。

通常の土日は、大型連休に比べれば、比較的緩和されていると思いますが、それでもやっぱり混み合います。(まだ7月にオープンしたばかりなので、情報としてはまだまだ少ないのですが。)できれば平日に行くのがベストなんですが、

それでも、なかなか休みが取れない方もいらっしゃると思いますので、連休や土日に行く場合、僕個人ならこうやって行くというポイントをまとめましたので最後にご覧下さい。

僕が土・日に家族で行くならこんな感じで予定を立てます!!

  1. サービスカウンターのオープンする9時に合わせて行く! おやつタウンのオープンは10時ですが、体験プログラムの当日券購入などは、9時から可能です。なのでこの時間に行きましょう!
  2. 予約可能な体験は予約する (特にMyスペシャルベビースター作り体験。事前予約が出来ていなくても、朝一番での購入↑なら体験できる可能性は高いです。)
  3. 朝一番は、子供をアスレチックで遊ばせる 夏休みのお盆時期は最大90分待ちもあったそうです。11時くらいから混みそうなので、朝一番に体験させましょう。
  4. ヒミツのおやつラボに参加させる 予約はできないので、多少並ぶ覚悟は必要です。(子供限定の体験ラボ)

土・日・祝日はサービスカウンターが9時にオープンします。そこで当日購入可能なチケットは下記の通り。

■入園券

■ホシオくんキッチンでの体験プログラムの下記3種

・チョコクランチ(チケットのみ)

・フリフリ♪ベビースター(チケットのみ。比較的購入しやすい。)

・Myスペシャルベビースター(時間指定)

※チケットのみの体験は、中で整理券をもらい、空いている時間に体験を行います。

※駐車場は8時30分からオープンしています。

 

 

RELATED POST