旅ログ

【新エリア】りんくうプレミアム・アウトレットの「シーサイドエリア」に行ってみた

 

✽r∞trip|ルートリップ✽

こんにちは。8月12日、りんくうプレミアム・アウトレットの「シーサイドエリア」がパワーアップオープンをしたので、早速、家族で遊びに行って来ました♪

 

付近には先月「泉南ロングパーク」がオープンしたばかり。

りんくうプレミアム・アウトレットのシーサイドエリアにも、新エリアがオープンするなど、なにかと話題の「りんくうエリア」。

 

りんくうプレミアム・アウトレットに行くのは久々で、以前は海外の観光客がとても多かったイメージでしたが、コロナで一変。

 

当たり前ですが、訪れる方はほとんどが日本人で、ある意味新鮮な感じでした。

 

しかし、連日の猛暑で、暑すぎる天気。

 

▼2回目の訪問にて、今回の記事で行けなかったお店に。

 

りんくうプレミアム・アウトレットの「シーサイドエリア」に行ってみた

メインサイドエリアと、シーサイドエリアは道路を挟んでいます。連絡橋を渡っていきます。

 

 

左がメインサイドエリア、右側がシーサイドエリア(奥が和歌山方面)

 

オープンして間もない時間帯でしたが、1階のPRADAには既に行列が。

そして、期間限定で「東京ミルクチーズ工場」が出店していました。

 

東京ミルクチーズ工場の出店は、大阪では初だそうです。(2020年8月31日までの限定出店)

 

 

南国リゾート感漂う新エリア

ヤシの木と関西空港連結橋がリゾート感を演出するシーサイドエリア。

建物を曲がった瞬間見えてくる青い景色。

 

「うわ〜」という声が、いたる所から聞こえて来ます。個人的には、この景色、とても好きです。

 

土地の使い方一つで、こんなにイメージが変わるのか?と関心するほど。大阪のりんくうではない、全く別のところに来た感覚に陥りました。

海辺の雰囲気がガラリと変わっていて、とても良かったです!

 

 

りんくうプレミアム・アウトレットは開業20周年にもなるんですね!(もうちょっと短かったイメージ)

 

 

右手には関西空港連絡橋

 

左手にはマーブルビーチ

毎年、夏に開催されるりんくう花火(今年は中止)がここからなら、キレイに見れそうですね♪泉州夢花火(10月に開催予定)も、少し離れますが見れそうです。

 

「スターバックスコーヒー」もオープン

駐車場から歩いてきただけなのに、妻と娘はグッタリモード。

まずは涼しい場所を求めてスタバへ。

このスタバも新しくオープン。

 

朝食も兼ねて「ハム&マリボーチーズ 石窯フィローネ」と「ツナチェダーチーズ ホットサンド」をペロリ。アイスコーヒーが”ぐびぐび”進みます♪

 

体力が復活したところで、新エリアを巡ります。

 

「あつくな〜い」随所に白のハイテク椅子

左下が白い椅子

芝生やベンチがたくさん設置されていて、リゾート感が以前にも増して出ているな〜という印象。

 

そして、所々に置かれている「白い椅子」が地味にすごい!

灼熱の炎天下の下「暑くて座れないだろうな〜」と思っていたら、どっこい、全く暑くありません!!

凄いぞ!!

 

家族連れには嬉しいアスレチックも

地味なところに感動していたところで、娘が遠方にアスレチックを発見。

 

「さすがにこの暑さで、アスレチックは無理!遊具が暑過ぎて遊べない!」

と思ったんですが、

「待てよ、この白い椅子のように、熱を吸収する超ハイテクアスレチックなのでは?」

と勝手に期待して、娘とアスレチックへ。

 

しかし、この猛暑は移動するだけでも、かなりの体力を奪います。

 

 

200m程歩いて、遊具のあるプレイグラウンドへ。

 

「ふっわふわ」の芝生が待っていました!

春とか秋は最高だろうな〜

 

トイレと自販機もあります。

 

さて、超ハイテクアスレチック(勝手に想像)はどんな物か、、、

子供達が誰も遊んでいないのが、気になりますが・・・

 

「あっつ!!!」

普通のアスレチックでした。

 

右手のトイレ奥がスノーピークの「住箱」

結構歩いたな・・・

 

泊まる・食べる・買うを楽しむスノーピーク

戻りながら、スノーピークの「住箱」(建築家の隈研吾氏×スノーピークによるトレーラーハウス)をちょっぴり拝見。

 

 

いいな〜

泊まってみたいな〜

 

料金はどんな感じだろう?

8月の土曜日もまだ空いていました。

まずまずのお値段です。

 

平日だとこのぐらい。

 

一度は泊まってみたいな〜と思いながら、ランチプレートが楽しめる「Snow Peak Eat」へ。

 

本日のランチはここで食べることに。

既に何組か並んでいます。

 

 

お店の中はこんな感じ

 

順番待ちシートに名前を記入。

12番目だったので30分くらいかな?と勝手に解釈して近くをブラブラ。

 

フードコートがそばにあったので、ちょっとのぞいてみます。

 

凄い人!

さすがにどこも行列でいっぱいです。

 

スノーピークのショップへ戻り、店内をブラブラ。

 

30分ほど待って、「もう半分くらい呼ばれたかな〜」と、戻って確認。

 

なんと、

全く変わっていません。。。

 

5分ほど、待って1組やっと呼ばれたぐらい。

まだ11組も、お待ちの方々がいらっしゃるではありませんか・・・

(週末に利用される場合は、待ち時間を覚悟した方が良さそうです。)

 

娘の意識がもうろうとしてきました。

いかん!!!

 

という事で、

 

「わくわくサイエンスキット〜♪」

家族みんなのプレジャータウン りんくう「シークル」のマクドナルドに直行。

娘の大好きな、ハッピーセットを頼んでランチタイム。

 

うう・・スノーピークのランチ、楽しみにしていたのに・・・

▼公式インスタより

 

順番待ちシートに、無念の取消線を引き、次回の楽しみに持ち越し。

幸い、我が家には物欲がほとんどありませんので、アウトレットに悔いなし。雰囲気だけ十分楽しむ事が出来ました( ´∀`)

 

 

やはり、この猛暑日は、小さな子にとっては酷。ごめんね〜

 

まとめ

話が大きく脱線しましたが、新エリアの登場によって、大きな変貌を遂げたりんくうプレミアム・アウトレット。

 

日除けの休憩スペースが所々に用意されていたり、以前のように、海外の方がほとんどいないので、割とゆっくり楽しめるんじゃないかなと思います。

夏が過ぎて、秋を迎える頃には、子供を芝生広場のアスレチックで遊ばす事も出来るので、素敵な休日が過ごせそうです♪

 

5キロ程離れますが、泉南ロングパークとあわせて楽しむ事も出来ます。

昼は泉南ロングパークで新鮮な魚介バーベキューを楽しんで、少し涼しくなってきた夕方にアウトレットへ(泉南ロングパークではSUPなどのマリンスポーツも楽しめます)

そんな過ごし方もオススメです!

 

泊まれる海辺のリゾートとしても楽しむ事が出来る「りんくう」。

遠方にお出かけが出来ない方は、大阪市内から約1時間でアクセス可能な「りんくうリゾート」にお出かけしてみてはいかがですか?