旅ログ

【大阪】「星のブランコ」のほしだ園地に車で行く際の注意点。満車の場合は?

 

✽r∞trip|ルートリップ✽

先日、ほしだ園地にある絶景吊り橋「星のブランコ」に行ってきました^^

秋の飛び石連休の最終日という事もあり、多少の混雑は覚悟していましたが、心配していた駐車場も、無事に利用することができました。

これから秋の紅葉シーズンを迎えるにあたり、僕と同じく駐車場の心配をされている方もいらっしゃると思うので、少しでもお役に立てるよう、体験談をご紹介します。

 

ほしだ園地の「星のブランコ」って?

ほしだ園地の星のブランコは最高地上高50mの木床版吊り橋。全長280mは国内最大級の規模。

大阪市内から約30分でアクセス可能で、ハイキングコースからは、枚方や京都市内まで広がるパノラマ景色も楽しめるんです!

 

「星のブランコ」はハイキングコースの途中にあるので、駐車場から片道約30分、往復で約1時間歩かないといけません。

夫婦揃って最近運動不足だったのでいい運動に。

 

ちょうと紅葉には早かったんですが、とても気持ちのいいハイキングが楽しめました。

 

展望デッキより

週末は混雑必至!ほしだ園地の駐車場が満車の場合どうする?

秋のシーズンに、ほしだ園地で最も注意をしないといけないのは駐車場問題

ほしだ園地には、約90台収容可能な駐車場があるんですが、秋の紅葉シーズンの週末になると、オープンと同時に満車になるのは珍しくありません

 

  • 駐車場の入り口が道路に面している。
  • 片側1車線なので、満車の場合、入場待ち出来る台数は数台のみ。国道での駐車場入場待ちは警察の指導により禁止されている。
  • 11月紅葉シーズンの土日祝日はなかなか駐車できない。
  • 公式HPにも記載している通り、満車時には入場を断られるケースがある。

 

僕たちが訪れたのは、飛び石連休の最終日。

そこそこ混雑の予想される日でした。

 

10時半頃に到着する予定で家を出発。

随時現地の駐車場情報をネットで確認しながら現地に向かいます。ほしだ園地の駐車場は、ネットでライブ配信されているので、混雑状況が一目で分かります。

>>ほしだ園地公式HP

 

案の定、到着前に満車になっちゃいました・・・

 

2・3台駐車場の入り口で、空車を待っていますが、10分経っても一向に状況が変わりません。。。

 

どうしよう、、行くのやめようかなと、ダメ元でほしだ園地案内所に電話をしてみたところ、

 

「今臨時駐車場を開けたので、そちらを利用して下さい」

「臨時駐車場は60台収容可能ですが、直ぐに満車になるので、なるべく早く来てください。」

 

٩( ᐛ )و٩( ᐛ )و٩( ᐛ )و٩( ᐛ )و٩( ᐛ )و٩( ᐛ )و٩( ᐛ )و٩( ᐛ )و

 

その駐車場がこちら▼

ほしだ園地駐車場入り口から約200m北側にあります。

北から向かって行くと、緩やかなカーブを曲がって直ぐ左手にあるので、見落としガチです。実際、僕たちも見落としそうになりました・・・

 

案の定、僕たちが臨時駐車場に入って、5分も経たないうちに満車になりました。紙一重でした。

秋シーズンの土日祝に、ほしだ園地の駐車場を利用する方法

我が家の経験を踏まえ、11月の中旬〜下旬の土日祝に、ほしだ園地に車で行く方がいらっしゃれば、下記の方法で駐車場にアクセスするのがオススメです!

  1. 朝一番、駐車場オープンの9時に行くべし!
  2. 9時が無理だった場合、HPで駐車場のライブ映像を随時チェックすべし!
  3. 満車の場合は諦めるか、臨時駐車場にかけるべし!
  4. 北から攻めるべし!(第二京阪道路 交野南IC方面より。臨時駐車場に入りやすい。)
  5. 臨時駐車場が空いていれば、迷わず利用すべし!(迷っている間に通過)

臨時駐車場のライブ映像はないので、行ってみないと空いているかどうか分かりません。北側からアクセスする場合、本駐車場の200m手前にある、臨時駐車場に先に着きます。

なので、駐車料金は異なりますが、立地はほぼ同じなので、臨時駐車場通過時に入り口が開いていれば、駐車するスペースがあるという事なので、迷わず左折して入場しましょう。

迷っている間に、通り過ぎてしまいます。

 

※お昼以降に行きたい方は、ほぼ空いていない可能性が大です。公共の交通機関を利用しましょう。(詳細は公式HPをご確認下さい)

 

ほしだ園地、星のブランコに行ってみた

臨時駐車場から、駐車場入り口まで約200m。いずれの駐車場にもトイレはありません。

トイレは駐車場から15〜20分ほど歩いたところにある、星のブランコまでの中間地点「ピトンの小屋」(園地案内所)そばにあります。

 

ピトンの小屋まで緩い傾斜の坂道を登っていきます。

 

ピトンの小屋の目の前の広場には、インパクト大のクライミングウォールが出現!

みなさん、この広場のベンチでお弁当を食べていました。

 

自動販売機もあるので、ハイキング時の飲み物はここで調達しましょう。

 

カレーやコロッケ、フランクフルトなどの販売も。

 

広場から星のブランコまでは約20分。

 

 

途中、ルートが2手に分かれます。

森の中のトレッキングコースを登っていく「ぼうけんの路」と、舗装された管理道(傾斜のそこそこある坂道)を登って行くルート。

 

僕たちは、往路は「ぼうけんの路」、復路は「管理道」を利用しました。

「ぼうけんの路」は階段がほとんど。スニーカーで十分です。ちなみに、5歳の娘も抱っこすることなく、一人で登れました。

 

 

途中で、管理道ルートと合流。

そこから少し歩くと「星のブランコ」が見えてきます。

あちこちにベンチがあって、みなさんランチ休憩をしています。

お弁当を持ってくれば良かったなと後悔、、、

 

星のブランコはめちゃくちゃ揺れます。

中央付近は、左右の揺れがすごいです。

 

でも、個人的に恐怖感はさほどありませんでした。(奈良県にある谷瀬の吊り橋の方が10倍怖かったです!!吊り橋効果を期待している方は、あまり効果はないかもしれません、、、)

【奈良・和歌山】大阪から秘境「谷瀬の吊り橋」と日本一のヤッホーポイントを巡る ✽r∞trip|ルートリップ✽ 大阪から、スリル満点の吊り橋体験など、自然美溢れる秘境スポット巡りへ。 あまりお金をかけずに...

 

吊り橋から下を覗いてみた

 

吊り橋付近の木々一帯、紅葉にはまだ早かったですが、景色は最高でした!

 

吊り橋から展望デッキまで600m。

 

ここからの道は、ゴツゴツした石が足場を悪くしているので、底の薄いスニーカーだと、足が痛くなるかもしれません。

道は単純なので、迷うことはありません。

 

15分ほど歩くと、やまびこ広場に到着です。

やまびこ広場(右の建物はトイレ)。展望デッキまであと少し。(左奥に進むと展望デッキ)

 

展望デッキ

 

展望デッキで景色を楽しんだ後は、来た道を戻り、もう一度吊り橋を渡りました。

 

ざっくり、今回のハイキングにかかった時間

▼小さな子供がいたので、多少時間がかかりました。

駐車場⇨(40分)⇨星のブランコ⇨(20分)⇨展望デッキ⇨(15分)⇨星のブランコ⇨(20分)⇨わんぱく広場・ピトンの小屋

滞在時間は食事なしで約2時間でした。

 


Information Map

料金:無料
営業:9:00〜17:00 ※星のブランコの利用は9:30〜16:30
休園日:火曜日と年末年始12/29〜
1/4(4・5・10・11 月は無休)※火曜日が祝日の場合は翌日が休業
駐車場:200円/時間 ※臨時駐車場は1日500円

歩行難易度: