旅ログ

【鳥取】鳥取行くなら、大江ノ郷ヴィレッジの「ふわっふわ焼きたてパンケーキ」が外せない!賞味期限はたったの10分?

 

✽r∞trip|ルートリップ✽

鳥取砂丘、砂の美術館、水木しげるロード、大山などの人気スポットがある鳥取。

実は鳥取県への観光客の約7割弱が車で訪れているんですね。

今回は、車で鳥取県を訪れるなら是非とも立ち寄りたい、人気のスポット「大江ノ郷ヴィレッジ」をほんの少しだけご紹介します。

鳥取中心部より南に約20キロの八頭町に位置し、食事・買い物・体験が楽しめる施設なんですが、

ここで是非とも食べていただきたいのが「パンケーキ」

一度食べたら、忘れられない、魔法のようなスイーツがそこにはありました。

 

大江ノ郷ヴィレッジって?

鳥取自動車道、河原ICから車で約12分、のんびりとした田園風景の広がる中に、ひときわ目立つ建物が「大江ノ郷ヴィレッジ」

回りには何もないんですが、週末ともなれば多くの車が広い駐車場を埋め尽くし、平日でも多くの人が魅惑のスイーツなどを求めて訪れます。

全てを脇役に感じてしまう、シンプルな絶品「パンケーキ」

参考までに、僕は甘い物には目がありません。わざわざお目当てのスイーツを求めてどこかのお店に行ったりはしませんが、毎日何かしら食べないと気が済まないぐらい、甘いものが大好きです。巷で人気のスイーツなんかは、機会があれば口にしています。

大江ノ郷ヴィレッジのパンケーキ

見た目はシンプルすぎる普通のパンケーキ。華やかなフルーツ、ホイップクリームもありません。シンプルなパンケーキにバターがチョコンとのっかっているぐらいです。

先日、そのパンケーキをいただく機会がありました。

事前にどんなパンケーキかをHPで調べ、朝から何も口にしていない僕は、なんとも言えない期待を抱きながら注文し、まだ他のお客さんがいない店内でゆっくり待つことに。

田んぼが広がる回りの景色からは想像もつかない、店内の雰囲気。いろんな種類のテーブルが用意されています。

待つこと10分。いよいよやってきました。

写真通り、普通のパンケーキです。(今回は特別に小さいサイズでした。)

バターだけがのっているパンケーキにシロップをかけ、見た目の印象から味をイメージして口に運んでいきます。

パクリ

ん!?

まず、見た目の印象からは想像できない、ふわっとした食感にびっくり。

そして、口を動かすたびに、バターの香りと卵の風味がゆっくり広がっていきます。

めちゃくちゃうまいっ!!!!!!

たった一口食べただけでもう虜に。

30秒で完食。。。

ちなみに賞味期限はたったの10分そうです。

僕はパティシエでも、スイーツ評論家でもないので、気の利いたコメントはできませんが、とにかく美味しい!誰かに伝えたい!食べて欲しい!

他にもある逸品 1日30食限定!天美卵の「たまごかけご飯」

平日なら昼過ぎ、週末なら午前中に売り切れてしまう「たまごかけご飯」。天美卵という卵を使っているんですが、弾力がすごく、濃厚でしっかりした卵です。たしかに美味しい!

天美卵は購入することもできます。

日本最大規模のご当地バーガーの祭典でグランプリ受賞の「新・YAZUバーガーwith大山」

2018年11月、鳥取県で開催された「とっとりバーガーフェスタ」にて全国各地から参加した17団体の中で見事グランプリを受賞。

大江ノ郷として2年連続の同賞受賞に導いた「新・YAZUバーガーwith大山」

天美卵など産地の食材を用いて作られており、出来立てを提供してくれるので、調理は全て注文後。派手さはないがらも、体に優しい美味しいバーガーでした。

とにかくワクワクがいっぱい

「食べる」以外にも、ワインに調味料やギフト、焼きたてパンのお買い物を楽しんだり、サイフォンコーヒーが楽しめるカフェバルがあったり、バームクーヘン作り体験が出来たり、とにかくワクワクがいっぱい

なんですが、個人的には「パンケーキ」推し!!

是非、鳥取に行く道中や、お帰りの際などに立ち寄ってみてください。今年7月には宿泊施設もオープンするようです。詳しくは公式HPへ