旅ログ

【長野】感動!白馬八方尾根のモルゲンロート(朝焼け)を体験してみた。

 

✽r∞trip|ルートリップ✽

こんにちは。2020年のミッションの一つが、「涸沢カールの紅葉を見に行く。」のイケノウエノです。日本一紅葉が美しいと言われている登山スポットです。

今回は、今年の5月に仕事で行ってきた白馬八方で迎える朝がとても神秘的だったのでご紹介します。通常、夏〜秋の期間だけご来光ツアーが開催されます。

白馬八方尾根のモルゲンロートって何?

白馬八方 モルゲンロート

モルゲンロートという言葉に馴染みがないと思いますが、ドイツ語が語源で、「Morgen=朝」、「rot=赤い」。つまり、早朝に起こる自然現象で、山や雲が赤く染まる朝焼けの事をさす登山用語です。

まずは、ロープウェイで山頂まで登ります。辺りは薄暗くて、うっすら白馬三山が見えています。

白馬八方 モルゲンロート

少しの間、時間を潰します。

それにしても空気がとても美味しい。

5月だったので、とても肌寒く、ツンとした空気が目を覚ましてくれます。

遥か遠くの東の山から、朝日が登り始めました。

白馬八方尾根 モルゲンロート 白馬八方尾根 モルゲンロート

後ろを振り返ると、さっきまで真っ暗だった白馬連山が徐々に赤く染まっていきます。

白馬八方 モルゲンロート
白馬八方尾根 モルゲンロート足湯。僕が行った時は通常営業前だったので足湯にシートがかかっています。通常営業の期間はこの足湯に浸かりながら、ご来光を眺める事ができます。
白馬八方尾根 モルゲンロートスノーピークプロデュースのキャンプ施設も同じエリアにあります。

360度見渡す角度によって全く景色が異なり、ぐるぐると辺りを見渡し、見返る度に赤みが増していきます。

白馬八方 モルゲンロート

赤みが増すにつれ、感動が膨れ上がっていき、30分だけのモルゲンロートを楽しむことが出来ました。

白馬八方 モルゲンロート

この空間はとても幻想的で、通常なら登山者でしか見れないような絶景に、手軽に出会う事が出来ます。足湯もあるので、浸かりながらご来光見学といった贅沢な過ごし方も出来ます。

わざわざ早起きする甲斐がありますね。

白馬八方尾根のモルゲンロートを体験するには?

現地集合のツアーに参加する

白馬八方尾根 モルゲンロート

僕は仕事で訪れたので、体験はご来光だけでした。

また、通常の開催期間(8月〜11月上旬)外の5月でした。なので、記事上の写真とは、少し雪の被り具合が異なります。(色んな口コミを見てもかなり満足度は高いようです。)

現地ツアーだと、ご来光の後は、ツアー参加者みんなでラジオ体操をして、地元名物汁「おひょっくり」と「おにぎり」の朝食付を頂いてツアー終了。

料金は、大人3,000円、小人2,600円 (2019年の価格)

2019年の開催要項など、詳細を知りたい方は白馬八方尾根北尾根高原のHPへ。

スノーピークのグランピング施設に泊まって、贅沢体験をする

ちなみに、ちょっと贅沢な過ごし方として、「北尾根高原に泊まる」という過ごし方ができます。

アウトドア宿泊施設『Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN』は本記事で紹介した鑑賞スポットと同エリアにあります。(料金などの詳細は公式HPを確認下さい。結構高いです。)

オールインクルーシブ(宿泊料金に、送迎、食事、ドリンク、体験料が全て組み込まれたプラン)スタイルのアウトドア宿泊施設になっているので、ホテルに泊まる感覚で非日常体験を味わう事ができます。